"BAL"について

「BAL(バル)」はユージ・ナイトーと山田屋カズによる音楽制作ユニットです。
ボーカル曲を中心に、ゲーム・映像作品・WebサイトのBGM制作、スタジオレコーディング・
ボーカルディレクション・ミキシング・マスタリングまで、トータルに音楽制作を行います。

"BAL"の名前の由来は?

スペイン語で「人の集まる酒場」という意味の"BAR(バル)"と、GLOBALの"BAL"から来ています。

ユージ・ナイトー(旧名・内藤侑史)ってどんな人?

内藤侑史 東京都出身。このサイトの管理人です。主に作詞・作曲・編曲を担当。
ゲームの主題歌を中心に、数多くの楽曲を手掛ける。演奏する楽器はギター。
代表作は"それは舞い散る桜のように"の挿入歌「beloved~桜の彼方へ」等。
頑固で不器用な職人気質。趣味はプロ野球観戦(埼玉西武ライオンズのファン)。

6月12日生まれ。ふたご座・A型。使用DAW:Cakewalk SONAR X1 Producer
好きなもの:インドカレー・カラオケ・落語・自作パソコン/MacBook Air
洋楽ロック好きだがカラオケは演歌が得意。好きな編曲家:h-wonder・明石昌夫・安藤高弘。

山田屋カズ(やまだやかず)ってどんな人?

山田屋カズ 埼玉県出身。作詞・作曲・編曲・レコーディングエンジニア・ベース・ギターなど
音楽制作における、ほぼ全ての作業を一人でこなすユーティリティープレーヤー。
現在さらに鍵盤の技を磨くべくピアノの修行中。本職の楽器はエレキベース。
フリーのレコーディングエンジニアとしても精力的に活動しています。

1月19日生まれ。やぎ座・AB型。使用DAW:Digidesign Digi003 Protools 9
好きなもの:海外サッカー(セリエA・インテル)韓国ドラマ・こってりラーメン・ドライブ 等
機械に強く、シンセなど音楽機材の修理や、エフェクターを自作するなどの特技を持つ。

ユニット結成の経緯は?

内藤と山田屋は高校の同級生で、3年間同じクラスでしたが、それぞれ別のバンドで活動していました。
その後、山田屋はバンドを続けながらレコーディングエンジニアの道へ、内藤はゲーム音楽制作の道へ進み
2001年頃からコンビで音楽制作するようになります。2004年にAngelNoteに加入。紆余曲折あり現在に至ります。

Copyright (C) "BAL MUSIC FACTORY" 2011